オイルの種類と効能

ナーラーヤナ タイラ

ベース:セサミオイル

ハーブ:アシュヴァガンダ


26種、ミルク、岩塩10種類のハーブの根っこを中心に26種類のハーブによって各組織に栄養を与え乾燥した肌を滑らかにします。体中の詰まりを良くしてストレスや腰の疲れの緩和を促します。 冷え症や肩こりの強い人、乾燥肌の人におススメです。

 

トリパラー タイラ

ベース:セサミオイル 

ハーブ:ハリータキー、ビビタキー、アーマラキー


若返り効果のある3種類のハーブの実によって、皮膚を整えストレスの回復・代謝を活性化し脂肪燃焼を促します。(むくみやセルライトが気になる方)
抗酸化作用も高く、頭や眼の疲れを緩和するのに役立ちます。

 

アシュヴァガンダ タイラ

ベース:セサミオイル 

ハーブ:アシュヴァガンダ、ミルク


神経を鎮静させリラックスを促します。筋肉痛・血行不良・不安症の緩和に適しています。また皮膚に栄養と弾力を与え肌の乾燥を防ぎます。滋養強壮効果が高い。

 

クシラバーラ タイラ 

ベース:セサミオイル

ハーブ:バラー、ミルク

 

身体全体の組織に栄養を与え、筋肉や関節の動きを活性化させる効果があります。また女性ホルモンのバランスを整え顔色を良くし若返りを促します。

 

ブルンガーマラカ

ベース:セサミオイル

ハーブ:ブルンガラージャ、アーマラキー、リコリス


ヘッドマッサージに使用する代表的なオイルです。髪や頭皮に栄養を与え、枝毛や白髪に効果を発揮。また疲れ目などの症状にも有効です。使用されているハーブは髪以外にも、肝臓に良いブルンガラージャやアーマラキー・シャタバリーなど、ベースオイルにはゴマ油とギーが使われています。ヘッドマッサージの際、髪は乾いた状態で行います。ベースオイルのゴマ油によって体を温める効果があります。


トリパラケーラム

ベース:ココナッツ 

ハーブ:ハリータキー、ビビタキー、アーマラキー

 

トリパラータイラと同じ3種類の代表的なハーブが入っていて、皮膚の病気に非常に効果的でアトピーやアレルギーの炎症を抑える働きが強いオイルです。特に、カバ、ピッタの体質向けのオイルで痩身や体脂肪を減らす働きがあるタイラです。ゴマ油が肌に合わない場合は、このオイルを使用します。

 

 

 

ウェブ予約はこちらから

 

アーユルヴェーダの効果

皮膚温度が上がり、循環がよくなります。

オイルやエッセンスなどの栄養分を浸透させる。
リンパの流れをよくします。(むくみを取る)
疲れを取る(細胞レベルでの栄養・酸素・排泄ができる)
角質やほこりを取ります。
汗腺や、脂腺の排泄ができます。
精神的なリラックス感が得られます。
ストレスの回復。